③教育の原点としての家庭の力の向上と人づくりのための連携

【目標】教育立県「ちば」を実現するため、地域住民の絆を深め、つながりや支え合いによる地域コミュニティの形成や、学校、家庭、地域、企業、高等教育機関などが力強く連携・協働し、人づくりの力を結集します。

■現状と課題

 家庭教育は全ての教育の出発点であり、子どもが基本的な生活習慣や豊かな情操、基本的倫理観、社会的なマナーなどを身に付ける上で重要な役割を担うものです。全ての親が家庭教育を安心して行えるよう、家庭教育の自主性を尊重しつつ、地域社会が一体となって支援していく必要があります。

 また、子どもたちの学びを支援するためには、学校、家庭、地域、企業、高等教育機関などが連携して教育に取り組む体制づくりを進めるとともに、地域住民の絆を深め、つながりや支え合いにより地域コミュニティを形成し、地域全体で子どもたちの成長を支えていく必要があります。

 さらに、自らの能力を伸長し、将来、社会においてその能力を発揮するための教育を受ける機会は、経済的・社会的な事情にかかわらず等しく与えられるべきもので、子どもたちの社会参画、自立に向けて、安全・安心で充実した教育機会を提供する「学びのサポートネットワーク」を構築することが重要です。

■取組の基本方向

 親の学びや親子の絆を深める機会の提供や、親の役割を学ぶ子育て体験学習を進めるとともに、家庭学習の習慣化も含め、子どもの健全な成長に資する家庭環境の実現に役立つ情報を効果的に発信するだけでなく、学校や幼稚園等を拠点とした保護者支援の機能を強化するなど、家庭状況に応じた支援を充実させます。

 また、多様な地域人材の育成と活用を図り、地域が有する伝統文化や技、企業、高等教育機関の力などを学校教育に活用できるような仕組みづくりを進めるとともに、地域の中で、関係機関等の様々な主体の組織的な連携による学習支援や体験的な学習の充実に資する取組、子どもたちの社会性、自主性、協調性を育むための世代間交流活動や集団活動及び地域の特性に応じた子ども参加の地域活性化に資する取組を推進します。

 さらに、いじめや不登校など、支援を必要とする児童生徒や家庭に対する相談支援体制を充実するとともに、学習支援や学び直しの機会の提供、経済的・家庭的理由など様々な困難への支援方策を充実させます。

■主な取組

1 親の学びと家庭教育への支援

 ウェブサイトや啓発リーフレットなどの子育てに役立つ情報提供や、生涯学習センター等における親の学習機会の充実を図るとともに、関係機関等と連携しながら、子育て中の親を孤立させないサポート体制づくりを進めます。

 また、様々な機会を捉え、親の学びの大切さについて広く情報を発信するとともに、学校や地域に家庭教育の重要性を啓発する取組や個々の家庭への相談体制の充実を図ります。

 さらに、中学生や高校生などが将来、親になることの意義や重要性について学ぶとともに、子育てにおける家庭の役割や、子どもを育てる意義等について学ぶ機会の充実を図ります。

・人間形成の土台となる家庭教育への支援

・学校・家庭・地域が連携した家庭教育の推進

・親となってかけがえのない子育てを行うための教育の推進

県内各地で開催される親同士の学び合いの場
子ども参観日

2 子どもを育む学校・家庭・地域の連携

 学校において、地域住民や企業・団体関係者などの地域人材を積極的に活用することにより、子どもたちの多様な学びを実現し、地域における教育の質の向上を図るとともに、地域人材の参画を促進するため、学校と地域を結ぶための人材の育成・拡充を図ります。

 また、地域の生涯学習を支える「知の拠点」である、大学・短期大学・専門学校などの高等教育機関と連携した取組の充実を図るとともに、大学等での公開講座等について広く情報を提供していきます。

 さらに、県内の市町村教育委員会や、私立学校、民間団体など様々な主体と連携し、それぞれの特性を認識し、互いに尊重しながら、地域全体の教育力の向上を図ります。

・学校を核とした地域コミュニティの構築と子どもの学びへの支援

・高等教育機関との連携

・県教育委員会と市町村、私学等との連携強化

学校を核とした地域コミュニティの構築を目指した
学校と地域住民の語り合いの場

3 学びのサポートネットワークの構築

 いじめ、不登校、中途退学等の問題解決のため、学校へのスクールカウンセラー等の専門的知見を有する人材の配置を促進し、子どもや家庭に対する相談支援体制を充実するとともに、学校外の専門機関との連携を促進します。

 また、特別支援学校をはじめ、市町村の療育機関、幼稚園、保育所、認定こども園等が相互に連携して、地域における早期の教育相談支援ネットワークの構築と充実を図ります。

 さらに、学ぶ意欲と能力のある全ての県民に対し、学習支援や学び直しの機会の提供など、学びへの機会確保を図ります。

 加えて、家庭の経済状況にかかわらず、学ぶ意欲と能力のある全ての子どもが質の高い教育を受けることができるよう、地元企業など様々な主体と連携した取組を推進するとともに、高等学校等の生徒に係る教育費負担の軽減を図ります。

・子どもや家庭に対する相談支援体制の充実

・学び直しなどの再チャレンジに対する支援の充実

・経済的・家庭的理由など様々な困難への支援

総合計画の全体を

電子ブック版で読む▼

PDF版は千葉県HPへ

千葉県総合計画電子版のご案内