第1節 時代背景と課題

 急激に変化する社会・経済情勢の中で、千葉県が将来目指す姿と、それを実現するための政策の基本方向を定めるためには、時代背景と課題を的確に把握する必要があります。

 このため、県勢の基盤となる人口の視点から「人口減少・少子高齢化」、防災・危機管理の視点から「大規模災害等を見据えた防災・危機管理」、県民の生活を支える経済などの視点から「経済・社会のグローバル化」、県民のくらしの視点から「安全・安心・治安」、地球環境問題や本県の豊かな自然の保全などの視点から「環境保全・持続可能性」、生活や働き方の視点から「価値観やライフスタイルの多様化」、急速に進むICT(情報通信技術)などへの対応の視点から「ICTの進展とIoT・AIなどの普及」、本県の発展の基盤となる広域道路網の視点から「広域道路ネットワークの形成」、2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会の成功と開催効果の全県への波及の視点から「2020年東京オリンピック・パラリンピック開催」、地方分権の進展の視点から「地方財政・地方分権」の10項目を、計画上、把握すべき重要な視点として整理・選択し、取り組むべき主要課題を明らかにしました。

総合計画の全体を

電子ブック版で読む▼

PDF版は千葉県HPへ

千葉県総合計画電子版のご案内