はじめに

 千葉県は、首都圏に位置し、豊かな自然環境や世界に誇れる社会基盤、バランスの取れた産業構造など、様々なポテンシャルに溢れています。こうしたポテンシャルを最大限発揮させ、本県の一層の発展につなげるため、これまでの8年間、アクアラインの通行料金引き下げなども活用し、観光振興、企業立地の促進、物流の効率化などに努めてまいりました。

 この間の我が国の経済は、緩やかな回復基調が続き、景気回復期間は戦後2番目の長さとなり、有効求人倍率も高水準を維持しています。また、訪日外国人観光客は2,000万人を突破し、旅行消費額も3兆円を上回るなど、経済情勢は総じて好調に推移しています。

 その一方で、少子高齢化は一段と進み、2025年には本県の高齢化率は30% を超え、県民の約3人に1人が高齢者になる見込みです。人口も現在は増加基調にありますが、中長期的には減少していくと考えられ、これまで経験したことのない人口減少に直面することになります。

 そこで、今後人口減少社会を迎える中にあっても、首都圏、日本をリードする光り輝く千葉へ更に飛躍するため、「次世代への飛躍 輝け! ちば元気プラン」を策定いたしました。

 本計画では、首都圏中央自動車連絡道や東京外かく環状道路の整備の進捗など、内外からのアクセス性の飛躍的向上を、本県の活力が高まる重要な契機ととらえています。

 また、2020年東京オリンピック・パラリンピックでは、県内で計8競技が開催されることから、本県の魅力を国内外に発信する絶好の機会でもあります。

 この計画に基づき、本県が持つ可能性を最大限生かし、交流基盤・ネットワークの活用や国内外への魅力発信に努めつつ、急激な人口減少や少子高齢化への対応を図り、県民の皆様が生き生きと活躍できる社会の実現を目指してまいります。

 未来の千葉を担う次世代の若者や子どもたちが誇れるような千葉県の実現に向け、オール千葉で取り組んでまいりましょう!

森田健作

 

総合計画の全体を

電子ブック版で読む▼

PDF版は千葉県HPへ

千葉県総合計画電子版のご案内